ワンderful days

ウェルシュコーギーの女の子・チャビーとの生活

Posted by chubby's sister
  0 comments

旅先振り返り15:ベルギー・オランダ・ルクセンブルク

ベルギーオランダ+ルクセンブルクへ10日間

オランダ航空KLMでアムステルダム到着後、IC(intarcity)でベルギーの首都ブリュッセル中央駅へ(約2時間)

20140902 (7)

1.ベルギー
-ブリュッセル- 
ギャルリーサンテュベール ヨーロッパ最初のショッピングギャラリーでチョコレート店や高級ブティックが並ぶ
20140902 (8)

ルパンデュコテディアン(前にあるジャムやチョコレートは塗り放題)で朝食後、ジュドバル広場の蚤の市へ 
20140902 (29) 20140902 (30)

Lugbyman No.2で夕食のロブスターのコース 事前にブログで調べたところによると地元民おすすめの場所
20140902 (33) 20140902 (32)

モンデザール”芸術の丘”で食べるケバブとフランボワーズのビール
ビールの栓を抜いてもらうのを忘れていて、必至でこの椅子の端でこじ開けた・・甘くておいしい飲みやすいビール
20140902 (28)

出国前にメール予約しておいた元銀行の建物に造られたレストラン”BELGA QUEEN” マグロのソテーwith バジルソール
店内は満席で接待のビジネスマンやらマダムでにぎわっていた
20140902 (21)

王宮とがっかり遺産の小便小僧
20140902 (20) 20140902 (14)

世界遺産グランパレスとベルギー名物ファストフード
20140902 (13) 20140902 (15)

-ゲント-  ブリュッセル南駅からICで40分の別名花の街ゲント
鐘楼から見るゲント街並み
20140902 (31)

-アントワープ-  ブリュッセルからICで45分のフランダースの犬の教会の街
アントワープ中央駅から中心部までの道中、沢山の店があり目が泳ぐ・・お気に入りのイギリスブランド・カレンミラン発見 奇抜なのも多いけど、その中にイギリスっぽい可愛いチェックのスカートとかがある。

20140902 (16) 20140902 (19)

アールヌーボーの巨匠オルタ建築のレストランで朝食後、フランダースの犬の舞台ノートルダム大聖堂へ
20140902 (17) 20140902 (18)

-ブルージュ- 世界遺産に登録された水の都
鐘楼から眺めるブルージュの街並みと運河クルーズ
20140902 (22) 20140902 (25) 

日本にはまだ出店していないDEPLAとベルギーワッフル
20140902 (27) 20140902 (26)

糞をかいでいる犬とレース屋さん
20140902 (24) 20140902 (23)

ブルージュにあった1 2 3 un deux troisと言うブランドが可愛くて、大量の服を持ち込んでフィッティングに暫く居座ったこの品質とデザインの割に値段も手ごろで好みのものばかり・・・ネットでも買えるみたいだけど、国際便の送料が・・・しかもフランス語・・この店また行きたい 。ZARAやMANGOより断然良いのに何で日本に出店しないんだろう

2.ルクセンブルク
現地1day tourに参加してブリュッセルから日帰り
20140902 (10) 20140902 (12)

レストランで隣の席の子がテーブル下に乱入 
20140902 (11) 20140902 (9)

3.オランダ ブリュッセルからICで2時間
-アムステルダム-
シンゲルの花市とオランダ風コロッケ”クロケット”自動販売機
20140902 (40) 20140902 (43)

国立美術館前の"I amsterdam"とフェルメール
20140902 (42) 20140902 (41)

ホテルのPCでTrip Advisor の口コミを調べまくって決めた中華料理屋&チーズフォンデュのお店
地元民しかいない感じでにぎわっていた
20140902 (39) 20140902 (36)

アンネフランクの家と西教会&現在も残る跳ね橋
20140902 (3) 20140902 (5)

虹色マーク=同性愛者の人が利用する場所(虹の向こう側の世界であることを意味してるらしい)、そしてアムスのCOFFEEと書かれている店はコーヒーではなくマリファナ等のソフトドラッグ販売店を意味しているオランダは麻薬が合法
20140902 (4) 20140902 (2)

-ユトレヒト- アムステルダム中央駅から35分の大学都市
ディックブルーナ博物館 ミッフィーはオランダではナインンチェ(小さいうさぎ)と呼ばれている
20140902 (35) 20140902 (34)

-キューケンホフ公園- 3/18-5/16限定の植物園このチューリップ畑が見たいが為に今回の旅先を選んだ
20140902 (38) 20140902 (37)

-ザーンセスカンス-  4基の風車とザーン地方の伝統的な建物を集めた屋外博物館
世界遺産のキンデルダイクに行く予定があまりに天候も悪いため風車が見れる近場のこちらに
20140902 (44) 20140902 (45)

-デルフト- アムステルダムからICで1時間のフェルメールが描いたオランダ陶器(デルフト焼き)の故郷
20140902 (1)

-ハーグ- アムステルダムからICで50分の政治の中心地
マウリッツハイツ美術館でフェルメールの青いターバンの少女を見ようと向かったものの、不運にも改装工事中で遠い美術館に移転中そこまで行くのも大変なので諦めて町散策。ビネンホフ前にたたずむの鳥の親子
20140902 (46) 


オランダ・ベルギー・ルクセンブルクの3国は隣接しているため楽々移動可能inter cityは旅行者にも分かりやすく便利な電車ベルギーは美食の国で、食べるものすべてが美味しい美食の国ルクセンブルクはゴミ一つない美しいお金持ちの国でEUの拠点でもあり、住みたい感じの場所5月にもかかわらずオランダは冬のコートが必須なほど天気も悪く寒かった世界遺産好きとしては、キンデルダイクに是非とも行きたかった・・・キンデルダイクはアムステルダムからロッテルダムに向かい、更に地下鉄と舟に乗ると言う結構レベル高そうな行程が待ってるらしい。この中ではベルギーが一番好みの国 まだまだ行きたい小さい町がたくさん残ってる


Post comment

管理者にだけ表示を許可する