ワンderful days

ウェルシュコーギーの女の子・チャビーとの生活

Posted by chubby's sister
  0 comments

旅先振り返り14:カンボジア+ホーチミン立ち寄り 弾丸遺跡巡り

べトナム航空でホーチミン経由でシェムリアップへ向かう憧れの世界遺産アンコールワットで遺産三昧+ホーチミン立ち寄りグルメ満喫弾丸4日の旅カンボジア入国はビザ(30ドル)が必要。日本で事前にe-VISAを取得・・微妙な作りの英語サイトでカード決済に至るまでがうまく進まずこれが結構面倒な作業だった。シェムリアップ入国時、指紋を採取されるのだけど、指紋認証リーダへの指の当て方がなってない私はえらく怖いインスペクターに怒鳴られながら採取・・・

アンコールワット
12世紀前半アンコール王朝の時の王・スーリヤヴァルマン2世によって30年を超える年月をかけて、建設された寺院で『王都の寺院』を意味し、国旗にもなっている

カンボジア・ベトナム (10) カンボジア・ベトナム (11)

バイヨン寺院 (Bayon)
12世紀末に建設された、『クメールの微笑み』と称される観世音菩薩のモチーフで有名な寺院

カンボジア・ベトナム (5) カンボジア・ベトナム (4)

象のテラス と一面全部四つ葉のクローバー
王族たちが閲兵を行った王宮前にあるテラスで、350kmにも及ぶ

カンボジア・ベトナム (6) カンボジア・ベトナム (7)

タ・プローム
トゥームレイダーの撮影で使われたことで有名で、現在はアンジェリーナ・ジョリー寺院と改名

カンボジア・ベトナム (8) カンボジア・ベトナム (9)

トゥクトゥクドライバーの貧乏&苦労話を延々と聞かされた上、日の出を見るため4時起きで一番楽しみにしていた気球が中止・・・のりたかった

カンボジア・ベトナム (14)

カフェインドシンでディナー
カンボジア・ベトナム (13) カンボジア・ベトナム (12)

クメールキッチンでクメール料理 (地元料理のクメール料理は甘くて口に全く合わない・・・)
カンボジア・ベトナム (3) カンボジア・ベトナム (2)

ベンメリア遺跡 
天空の空ラピュタのモデルとなった場所へ向かう東のアンコールワットと呼ばれるアンコール・ワットから東へ約40km程の郊外にある巨大寺院。遺跡は深い森の中に埋もれており、修復が進んでおらず、遺跡発見当時の姿を目の当たりに出来る。ここはかなりオススメの場所!シェムリアップに訪れたら絶対行きたい場所!・・と思う

カンボジア・ベトナム (15) カンボジア・ベトナム (16)

トンレサップ湖
東南アジア最大の湖。ベンメリアの際の半日チャーターした車のドライバーから「安くで連れていってやる」と言われたので、訪れてみることに。『伸縮する湖』と言われ、乾期から雨期になると約3倍の9000㎢にまで膨れ上がる。約300種類の淡水魚が生息しており、東南アジアで最も淡水魚の種類が多いと言われている

カンボジア・ベトナム (17)

シェムリアップはアンコールワットの観光収入だけでなんとか成り立っているような貧しい場所。遺跡のそばには物乞いも多いし、たくさんの子供が小学校にもいけずにお土産を観光客に売っているのを見て、優雅に旅行している自分たちが申し訳ないような気にもなった 友達はスマホを海外設定にするのを忘れていたため、「使用料が大変高額になっているのでご注意を・・」と言う緊急通知のようなものを空港にいたときに受け取り放心状態に・・・上海パスポート紛失事件に続く失態

帰路はストップオーバーでホーチミン訪問 ホーチミンはベトナム戦争時に活躍した革命家「ホー・チ・ミン」からとった名前。ベトナム人にとって英雄的存在らしい。 ホーチミンの町中は横断歩道や信号がほとんどなく全くインフラが整ってない。恐ろしい交通量の中、死を覚悟しながら横断していた

わずか1日の滞在中2度も食べに来たPHO24 ベトナム人にとってファストフード的な店ここのフォーはとっても美味しい どれだけ頼んでも安くて、残ったベトナム貨幣を使い切るのに苦労した
カンボジア・ベトナム (32) カンボジア・ベトナム (18)

オールドマーケット近くの人気ローカル店のバインミー ベトナムはフランスの植民地だったためフランスパン旨し

カンボジア・ベトナム (20) カンボジア・ベトナム (19)

プロパガンダ まさに社会主義って感じがする
カンボジア・ベトナム (26) 

U.B.N.D.T.P と聖母マリア教会(200年以上前にマルセイユから運ばれたレンガで建てられたサイゴン大聖堂)
カンボジア・ベトナム (21) カンボジア・ベトナム (23)

Wrap& Rollsでベトナム料理に舌鼓 店名の通り、ベトナム春巻きのような巻物メニューしかない

カンボジア・ベトナム (27) カンボジア・ベトナム (28)

ホーチミン一の目抜き通りであるサイゴン通りとフランス様式のインターコンチネンタル

カンボジア・ベトナム (25) カンボジア・ベトナム (24)

中央郵便局 1886年から当時ベトナムを統治していたフランス政府によるフランスへの連絡手段として造られたものだそう 元郵便局員のおじいちゃんがボランティアで外国語の出来ない市民の為に、代筆で英語とフランス語で手紙を書いてくれるらしい(NHK世界街歩きで放送していた)。

カンボジア・ベトナム (22)

主に地元民が乗る運賃5円のフェリーでQUAN3という対岸にある地区へ地元の可愛い女の子たちが話しかけてくる。対岸は崩壊した町が・・・怖くなってすぐにフェリーで引き返す

カンボジア・ベトナム (29) カンボジア・ベトナム (30)

カンボジア・ベトナム (31)

帰路は深夜便のため、エステでジャグジーから足マッサージまでのフルコース(物価の違いから驚く安さで受けれる)ですっきりして帰国

社会主義の2か国訪問の旅ホーチミンは中国のようにネットの規制も特になく、街行く人も明るくなんら資本主義と変わらない雰囲気プロパガンダのポスターや看板を見ると、「あーやはりこの国、社会主義」・・と思う以外は。カンボジアは北朝鮮と国交があるため、シェムリアップには北朝鮮直営の喜び組のショーが見れるレストランがある食事の値段は物価から考えるとかなり高いらしい。今思うと、後学の為にいっておけばよかったな~貧しさを目の当りにして、少し考えさせられるこの2か国ベトナムにはいつかランタンで有名な世界遺産の町ホイアンに行ってみたい 。ベトナム人の友達から拝借した写真

カンボジア・ベトナム (1)


Post comment

管理者にだけ表示を許可する