ワンderful days

ウェルシュコーギーの女の子・チャビーとの生活

Posted by chubby's sister
  0 comments

オーストリアいってみたらこんなとこ ヴァッハウ渓谷とその町 (4)

世界遺産のヴァッハウ渓谷とその街へ

ウィーン西駅からメルク駅へ
ヴァッハウコンビチケット51ユーロはQBB窓口で購入可(ウィーン→メルク、クレムス→ウィーンの鉄道、メルク修道院の入館料、ドナウ川遊覧船込み)

ウィーン西駅からメルク駅まで約1時間

20160820-2 (2)


メルク駅に到着すると、丘の上に見えるメルク修道院

20160820-2 (3)



メルクの街並み

20160820-2 (4)

20160820-2 (15)

20160820-2 (14)

20160820-2 (13)



メルク修道院へつづく階段
メイン通りからの修道院への入口はかなり分かりにくいので要注意

20160820-2 (5)



メルク修道院
11世紀、バーベンブルグ家のレオポルト1世がベネディクト派の修道院をここに建立。
1770年にマリーアントワネットがフランスのルイ16世のもとへ嫁ぐ途中でこの修道院に1泊している

20160820-2 (6)

20160820-2 (7)


渡り廊下

20160820-2 (8)



大理石の広間

20160820-2 (9)


図書館
世界で一番美しい図書館と呼ばれている

20160820-2 (11)


テラスから望む、メルク市街地

20160820-2 (10)



付属教会

20160820-2 (12)


ドナウ川クルーズの遊覧船乗り場のメルク駅
メルク川に沿ってメルクの街を出て15分ほど歩いていけば、左手に見えてくる

20160820-2 (16)



ドナウ川流域で最も美しいといわれるヴァッハウ渓谷岸辺には、いくつもの古城や修道院がたち、ブドウ畑が続く
シェーンビュール城

20160820-2 (17)



約1時間半のクルーズでデュルンシュタインの街が見えてくる
ここで途中下船

20160820-2 (18)

デュルンシュタインはヴァッハウ渓谷で最もロマンティックな街と言われる古城そびえる町



修道院教会

20160820-2 (19)



修道院教会のテラスから眺めるドナウ川

20160820-2 (20)



デュルンシュタインのかわいい街並み

20160820-2 (21)

20160820-2 (22)



アルター・クロースターケラー
目の前にブドウ畑が広がるホイリゲ。2階のテラス席でランチ

20160820-2 (23)

20160820-2 (25)


オーストリア牛のグリル、鳥の胸肉・ハーブ&クリームチーズ挟み
デュルンシュタイン名物のアプリコットジュース&ブドウジュース
ブドウ畑のよこで炭火で焼いている

20160820-2 (24)


ヴァッハウ鉄道のデュルンシュタイン駅からクレムス駅へ
この電車は夏季のみ運行、さらには、3時間に1本程度。時刻表はネットでは調べられなかった。15:30に乗車。次は18:30ごろだったような・・・・駅の場所もかなり意味不明な場所にある(地球の歩き方の地図を見ても理解不能)

20160820-2 (26)

20160820-2 (27)


クレムス到着
ブドウ畑に囲まれる小さな町、クレムス
この町はその他の2つの町と似ているので別に立ち寄らなくても別に良いかな・・と言う感じ

20160820-2 (1)

20160820-2 (28)

クレムス駅からウィーンフランツヨーゼフ駅行き電車でウィーン市内へ

ヴァッハウ渓谷とその町は人も少なく、ゆったり散策できる。
やや行きにくいものの、町は絵葉書のようにかわいい。

オーストリア、どこに行くにも交通網が整っており、治安も良く、美しく、とても個人旅行しやすい国。
お盆休みの7日間、航空券15万程度(KIX-AMS-VIE)、ホテルは5泊1室約4.5万(一人2.25万)、割合安くついた

QBB(オーストリア連邦鉄道)の電車検索ルートプランナーが何かと役立った
http://fahrplan.oebb.at/bin/query.exe/en


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

Post comment

管理者にだけ表示を許可する